調剤薬局に転職した薬剤師の仕事とは?

調剤薬局薬剤師の一番大きな役割は、処方箋にもとづいて調剤を行うことです。
「ただ調剤し、処方を行う」だけではなく、患者さんが安全に薬を服用できるようにするのも、調剤薬局薬剤師の重大な役割です。
調剤薬局薬剤師は、薬の正しい服用方法、何に効果のあるお薬か、どうやって保管すれば良いかといったことを、患者さんに伝えるということや、患者さんの疑問に答えるということも大切な仕事です。
患者さんのなかには「錠剤を飲み込むのが苦手」「粉薬が苦手」というケースもありますので、調剤薬局薬剤師はそういった相談に応じることもあります。
また、薬剤師としての知識の研鑽につとめることも大切なので、自社内、あるいは薬剤師会などが主催する研修へ、積極的に参加する姿勢をもつ調剤薬局薬剤師も多いです。