住宅ローンの資金繰りとシミュレーション

家の購入で初めに思う事は現金調達の事でしょう。
普通は、住宅ローン減税を銀行などから借り入れする人がほとんどでしょう。
申請者は、一番稼ぎがある人でないといけません。
支払期間は非常に長いので銀行側も何かリスクがあった時に備えて団体信用生命保険の申請も同時にさせられます。
こちらは世帯主に万が一のことがあり、支払が出来なくなった場合借金がなくなる。
という事で、残された家族にもありがたい保険です。
マイホームの資金繰りの役立つのは住宅ローンです。
申し込みは銀行や信用金庫で行っています。
申し込みの時には、銀行側から言われた資料を用意します。
35年という長い期間、多額の現金を貸す訳なので銀行側は年収・勤続年数を中心に審査をします。
なので、申込をすれば確実に通る。
という風な単純なものではありません。
不可。
という場合もあり得ます。
よくある基準として年数は3年以上、年収は300万以上が最低ラインと言われています。
マイホームを持つ。
というのはあこがれるものですよね。
ですが、住宅購入はちょっとやそっとでは出来ず、数千万単位の現金が必要です。
ですから、現金ですぐに支払いをする。
という様なことはまず難しいでしょう。
じゃあ、借金するにはどこで住宅ローンを借り入れすればいいのか?色々と方法はありますが、一番オーソドックスなのは銀行や信用金庫といったところでしょう。
どこの銀行から借り入れようか?選択しても良いのですが不動産屋と銀行が連携している場合もありますので、担当者に全て任せる。
という方法もあります。
ローンの支払いをしている方の中で借り換えを考えている方も多いでしょう。
借り換えとは、他の銀行にローンを移す事です。
借り換えをする事で、毎月の返済額が減る事があります。
ですが、借り換えをして必ずメリットがある。
という訳ではありません。
なぜなら、借り換えにもそれなりの金額がかかるからです。
無料で借り換えOKという所はほとんどありません。
借り換えを考えている時はそういった事も含め返済シュミレーションなどを利用し借り換えをするとメリットがどのぐらいでるか検討される事をお勧めします。