オリコカードの審査は甘い?申し込みの注意点

オリコカードの審査について周りの人に聞くと勤務先に電話で在籍確認がきたという人ときていないという人がいます。

中には、カードを作る際に確認をされたくない人もいると思います。

ただ、絶対に連絡のないカード会社というものはなくかかって来る可能性が低いカード会社を選ぶしかありません。

連絡の可能性が低いカード会社の特徴としては、スピード審査を売り文句にしている会社です。

スピード審査の場合、1日の申し込み数が多くに、全てを人力で確認することができず、機械によるスコア審査を行っていることが多いです。

そのため、電話が来る可能性が少ないと言われています。

最近、イベントのチケットなどで先行分はクレカ支払いのみなどオリコカードが必要な場面も増えてきました。

現在、クレカを使っている方はいいのですが使っていない場合はカード会社に申し込んで発行する必要があります。

初めてカードを発行する場合、特に心配なのが審査がどうなっているのか、厳しいのかということです。

主な審査ポイントとしては、安定した収入があるのかという部分と金融業界でクレジットヒストリーと呼ばれる信用情報です。

収入面は貸せる額がいくらまでになるかや返済能力があるのか、信用情報は期日通りにちゃんと返済してもらえるのかを見ています。

ローンやオリコカードの申し込み時に重要なことって何かわかりますか?年収を挙げる人もいれば、信用情報という人もいます。

場合によっては職業などの申込者の属性をあげる人もいますね。

では、実際にこれらは審査に当たってどのように見られているのかを確認しましょう。

年収つまり収入は安定した収入があれば借入できる金額や毎月の返済額がどのくらいまでなら大丈夫なのかを見ています。

職業などの部分も安定した収入が見込める正社員か、収入が不安定なアルバイトなのかを見ています。

信用情報は水道料金の支払いなどが問題なく行われているかを見ており、支払い期日が守られるかを見ています。

大きい買い物をする際やネットでの買い物、電子チケットなど様々な場面で便利になるオリコカードですが、新社会人の人など若い人の中にはまだ作っていないという人も多いのではないでしょうか。

まだカードを作っていない人にとって申し込み時に不安を感じるのは審査基準がどうなっているのか不明で落ちるかもしれないということです。

一般的に審査で重要とされているのがクレジットヒストリーです。

クレヒスとは、クレジットヒストリーの略でローンなどの支払い履歴のことです。

審査の際にカード会社は信用情報を記録している機関に情報照会をして過去に未納などの門題を起こしていないかを確認しています。

住宅ローンなどでもクレヒスは重要なので早いうちに実績を作っておきましょう。

オリコカードを作りたいと思い調べてみるとカード会社やゴールドカードなど様々な種類が多くてどれを選べばいいかわからないという場合もあるのではないでしょうか。

特にカード会社ごとに独自の審査基準を持っている場合が多く中には審査に通るのが難しいカード会社もあります。

プラチナカードやブラックカードという言葉を聞いたこともあると思いますがこの2つに関しては年間のカード使用額が一定以上になった時などにカード会社から案内されないと作れません。

一般的に自分から申し込んで発行できるカードはゴールドカードまでとなっています。

自分から申し込む場合は年収と信用情報が審査で重要と言われています。

早くカードを手に入れたいという場合は審査が早い会社ランキングなども参考にしてみてください。

みなさんがオリコカードを申し込んだ時にカード会社は収入証明を提出していないのにどうやって収入を確認しているのでしょうか。

実は審査の時に見ているのは収入だけではないんです。

まぁ全国の企業の年収の平均を知る方法がないので当然のことですね。

そのため、どんな風に年収情報をチェックしているのかというと過去の申し込み者の中からその業界、職種で勤続年数が何年くらいだから年収もこのくらいだろうというデータがあり、そのデータと照らし合わせて変な部分がないかと見ています。

そのため、大きな違いがなければ本人申告された年収でスコアリングが行われます。

乖離が大きい場合、怪しい場合は収入証明書の提出が必要になります。

高額な買い物をする際に現金を用意せずに買い物ができるオリコカードは非常に便利ですがカード会社に申し込み、審査に通らないと発行、利用できません。

審査で重要なのは安定した収入があるかとクレジットヒストリーです。

クレジットヒストリーとはどういったものかというと以前借りていたカードローンなどを滞りなく返済されるかなどの記録です。

そのため、公共料金の支払いなど期限が決まっているものはきっちり払うことが重要です。

最近、若い人に増えているのが携帯料金の払い忘れです。

払い忘れるだけでなく、口座から出金したタイミングでお金が入っていなくても止まることがあるので気をつけましょう。

買い物をするときにキャッシュレスで便利なオリコカードですがネット上には審査なしでカード発行できると書いている人を見かけます。

結論から言うと審査なしでカード発行は不可能です。

基本的には申し込み時に審査は絶対あります。

なぜかというとカードを発行する企業からすると貸したお金が返ってこないということが1番避けたいことです。

なので申し込みが入ると年収などを見ていくらまで貸せるか、前に返済を滞納していたことがないかを確認しています。

特に若い人が見落としがちなのが携帯電話料金の未払いです。

公共料金の払い忘れなどはカード審査だけでなくローン審査にも関わるので気をつけましょう。

よくコマーシャルなどで見るオリコカード会社と聞いて思い浮かべるのはどのカード会社でしょうか?多くの人は楽天カードを思い浮かべるのではないでしょうか。

実際に多くの人が持っているのは事実です。

クレカが欲しいと考えている方からすると審査の難易度はどうなっているの?ということが最も知りたいところですよね。

実際に調べてみました。

審査基準を公開していませんが審査で重要なのは申し込み時に入力した情報と申込者が以前借りていたローンなどの信用取引履歴です。

勤務先の情報などをうっかり入力ミスで間違えても虚偽申請とみなされ、審査に通らなくなることもあるので注意してください。

オリコカードについて調べていると時折このような話を聞きます。

それは住宅ローンを組んでいてもクレカは作れるの?ということです。

サイトによっては銀行で住宅ローンを借りているから信販系のクレカとは別になっていて関係ないと思っている人もいますが両方とも個人信用情報機関に情報が残るので完全に無関係とは言えません。

住宅ローンを問題なく返済できていれば審査では逆にプラスに判断される場合もあるくらいです。

滞りなくローンの返済ができている状態で審査に落ちた場合は、申込書に書いてある別の部分を疑ったほうがいいでしょう。

見落としがちなのは不注意からくる公共料金の払い忘れなどです。

参考:オリコカード審査甘い?厳しい?

各種ローンなどの金融関係の申し込みを行う際に必ず、勤続年数を記載する欄がありますよね。

審査でどんな影響をもたらすのかが気になったので調べてみました。

オリコカードの場合、勤続年数1年以上が条件になっていることが多いですが新社会人などの若者をターゲットにしているカードでは1年未満でも大丈夫です。

審査では他に返済履歴など重要な項目があり、確認のしようがない項目はそこまで大きな影響を与えないという説もあります。

ただ、最近では転職の機会も増え、転職したばかりの人が申し込む際に盛った情報を書いてしまおうか考えてしまう人もいます。

その場合、古いオリコカードの利用履歴が出てきたら嘘の情報がすぐにバレてしまうことになます。

オリコカードについて周りの人に聞くと勤務先に電話で在籍確認がきた経験のある人とない人がいます。

中には、カードを作る際に電話確認をされたくない人もいると思います。

ただ、電話が絶対かかってこないカード会社というものはなく可能性が低いカード会社を選ぶしかありません。

連絡の可能性が低いカード会社の特徴として言われているのが、スピード審査をウリにしている会社です。

スピード審査の場合、申込者が多くすべての申し込みに対して、人力で確認することができず、機械によるスコア審査を行っていることが多いです。

そのため、電話がかかってくる可能性が少ないと言われています。

オリコカードを作りたいと思い調べてみるとカード会社やゴールドカードなど種類が多くてなにを選択したらいいかわからないという人もいるのではないでしょうか。

審査基準は独自で設けている場合が多く審査に通るのが難しいカード会社もあります。

プラチナカードやブラックカードという言葉を聞いたこともあると思いますがこの2つに関しては年間のカード使用額が一定以上になった時などにカード会社から案内されないと作れません。

基本的に自分から申し込んで発行できるカードはゴールドカードまでとなっています。

審査では年収とクレヒスが重要視されています。

早くカードを作りたいという場合は審査が早い会社ランキングなども参考にしてみてください。

よくTVなどで見るオリコカード会社と聞いて思い浮かべるのはどの会社ですか?多くの人は楽天カードをイメージするのではないでしょうか。

実際に多くの人が持っているのは事実です。

クレカが欲しいと思っている方からすると審査の難易度はどうなっているの?ということが知りたいところだと思い、実際に調べてみました。

審査で重要なのは申し込み時に入力した年収などの情報と申込者が以前借りていたクレジットなどの信用取引履歴です。

普段あまり書かない勤務先の情報などをうっかり入力ミスしても虚偽申請とみなされ、審査に通らなくなる可能性が出てくるので気をつけてください。

PCなどの高額な買い物をするときに皆さんは支払い方法をどうしますか?現金主義な人の場合は現金払いだと思いますが多くの方はオリコカード払いを利用する方が多いのではないでしょうか。

ただ、大学生や社会人になりたての場合は持っていない場合もあるので審査をしてカードを発行しないとクレカ払い以外しか利用できません。

初めてカードを発行するときについて説明します。

申し込みをするには窓口も兼ねた提携ショップで申し込む方法や手軽にできるネットでの申し込みがあります。

申し込みでは年収や引き落とし口座などを聞かれるので事前に確認しておきましょう。

実際にカードが届くまでは1週間から2週間くらい時間がかかります。

最近、イベントなどの電子チケットなどでクレカ支払いのみなどオリコカード支払いのみ対応などクレカが必要な時が増えてきました。

普段からクレカを利用している方はいいのですが持っていない場合はカード会社に申し込んで作らなければいけません。

初めてカードを発行する場合、気になるのが審査がどう行われているのか、厳しいのかということです。

主な審査ポイントとしては、安定した収入があるのかという部分と金融業界でクレジットヒストリーと呼ばれる信用情報です。

収入面はローンできる額がいくらまでになるかや返済能力があるのか、信用情報は期日通りにちゃんと返済してもらえるのかを見ています。

社会人になった際にできるだけ早く用意したいものとしてオリコカードを挙げる人も多いです。

できることなら大学生のうちに作っておくべきという人もいるくらいです。

なぜかというと、早いうちからクレカ決済を使って正常に利用することでクレヒスが積み上がるからです。

クレジットヒストリーがあるとローンを組む際の審査で有利になります。

逆に作ってはいいもののカード決済の返し忘れが複数回続くとクレヒスが悪くなり、ローンなどを組む際に不利になります。

クレカの支払いだけでなく公共料金や携帯料金の払い忘れも信用情報にキズがつきます。

最近では、電子チケットの利用増など様々な場面で利用するオリコカードですが、申し込みをするのに申し込みに必要なものは何があるのでしょうか。

まず、審査時に必要なのは免許証やパスポートなどの本人確認書類です。

カード発行会社次第ですがマイナンバーカードのコピーなども本人確認書類として提出する必要があります。

他に、一部カード会社を除き利用料金を引き落とす銀行口座と発行したカードを受け取るための住所が必要です。

口座振替依頼書を利用して口座を登録する場合は、入力ミスでも虚偽申請と取られることがあります。

ローンやオリコカードを申し込む際に重要なことって何を思い浮かべますか?年収という人もいれば、信用情報という人もいます。

場合によっては職業などの属性と答える人もいます。

では、実際にこれらの要素は審査に当たってどんな意味があるのかを確認しましょう。

年収つまり収入はいくらまで利用できるかや毎月の返済額がどのくらいまでなら大丈夫なのかを計算しています。

職業などの部分も正規雇用なら安定した収入が見込める、収入が不安定なアルバイトなのかを見ています。

信用情報は水道料金の支払いなどが問題なく行われているかを見ており、ちゃんと期日通りに支払いが行われるかを見ています。

最近、イベントなどで電子チケットの利用が増加してきており、場合によってはオリコカード払いのみなどクレカを持っているのが当然のようになっていると言っても過言ではないです。

そのため、オリコカードを作ろうとした時に審査通らないということが発生しないように重要なポイントを確認しましょう。

審査の際に重要なのは安定した収入があるかや職業などはどうなのか、クレヒスは問題ないかという部分です。

例えば、アルバイトなどの非正規雇用の場合は審査が厳しくなると噂されています。

信用情報については支払い期日があるものをちゃんと払う人なのかを見られています。